脇汗に悩む私が、Ban汗ブロックロールオン・プレミアムラベルを実際に使用してみました。

  • 脇汗を抑えることができるの?
  • 脇のニオイには効くの?
  • 使い勝手はいいの?

これら疑問について、私が体験して感じたことをお話しています。

Ban汗ブロックロールオン・プレミアムラベルの基本情報



商品の特徴やコンセプト
耐水皮膜形成によって密着度アップ、くわえてナノイオン制汗成分がプラグ化することで汗の出口にしっかりフタをします。また、殺菌成分配合により一日中ワキのニオイを予防。本気で脇汗を抑えたい人に。

基本データ

タイプ ロールオン
容量 40ml
発売元 ライオン
私の購入価格 590円
私の購入場所 Amazon

全成分

有効成分

クロルヒドロキシアルミニウム(制汗成分)、イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分)

その他の成分

エタノール、クロトン酸・VA・ネオデカン酸ビニル共重合体、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、2-アミノ-2-メチル-1-プロパノール、エデト酸塩、メントール、香料

Ban汗ブロックロールオン・プレミアムラベルの感想とレビュー

当レビューの注意点
このレビューは、脇汗の量がとても多い私(緊張すると腕や脇腹にまで汗が垂れるほど)が個人的に行なった検証、および個人的な感想・見解になります。すべての人に当てはまるわけではないことをご理解ください。

まずはレビューの結論を先に話します

  • 謳い文句とは裏腹な制汗効果
  • 消臭効果はなかなか。軽い脇汗の人なら夕方までいけそう
  • 塗った部分がコーティングされシワシワな見た目に
  • 乾くのがとても早い

脇汗を抑える効果

朝の通勤時の脇汗

夕方の帰宅時の脇汗

上の写真は、制汗剤のランキングを決めるさいに行なった、Ban汗ブロックロールオン・プレミアムラベルの検証結果です。

水色のハンカチの濡れている部分、これが私の脇汗で、車の運転によって出た汗をふき取ったものになります(一人で運転すると緊張してかならず脇汗をかくため)。

検証は以下の流れで行ないました。

制汗剤の検証方法
  1. 取扱説明書に従って制汗剤をにつける
  2. 車で通勤して脇汗を出す
  3. 会社に着いたらすぐに左右の脇の下にハンカチを当て、それぞれの汗染みを確認
  4. 仕事が終わったら車で帰宅して脇汗を出す
  5. 家に着いたらすぐに左右の脇の下にハンカチを当て、それぞれの汗染みを確認

もう一度、先ほどの写真を載せます。

朝の通勤時の脇汗

夕方の帰宅時の脇汗

「汗の出口にフタをして、ワキ汗ブロック」というメカニズムは私の期待をとても煽りました。これでもう脇汗に悩むことはなくなるんだと。

しかし、結果は写真のとおり。汗を抑える効果はまったくといっていいほど感じられませんでした

使用前にこれだけハードルを上げられてしまうと、がっかり感がハンパないですね。

例えば、エージーデオ24(9位)やリフレア(8位)のように、謳い文句が明らかに消臭目的ならまだいいんですよ。「これはニオイケアに重点を置いた商品なんだなぁ」と納得できますから。

でもこのパッケージにこのキャッチフレーズだと・・・

やっぱり期待しちゃいますよね。。。

もっとも私は男なので、同じBanでも男性用を使えばもっと効果を感じられたのかもしれません。

消臭効果

制汗効果がなくてガッカリした私ですが、なかなかどうして消臭についてはいい感じです。午後になってもそれほど汗臭さを感じることがありませんでした

ただこれだけ脇汗をかいていますし、検証では「制汗剤の付け直しは禁止」というルールを課していたので、さすがに夕方になるとちょっと臭かったですが。

軽い脇汗の人ならニオイを気にせず夕方まで過ごせるのではないでしょうか。

使用感

この制汗剤、使用感がちょっと独特でして、乾くと薄いフィルムを貼ったようになります。これがおそらく独自技術の耐水皮膜だと思いますが。

要は、皮膜を作ることで肌にしっかり密着するし汗を抑える効果も高めますよ、という目的なんですね。

ただ口コミを見ると、

  • コーティングされてつっぱる
  • 液体のりを塗ったみたい
  • 肌がシワシワに見える

など、ネガティブな感想をあげる人が。

では実際のところどうなのかをお見せしましょう。ただ、ワキの下は毛がはえていて見苦しいため「腕」で勘弁してください。

▲腕に丸くBanを塗ってみました(青矢印のところ)

どうでしょうか。もう見た目でコーティングされているのがわかりますよね。ところどころ突っ張ってシワが寄っているのがわかります。

ただ、後日あらためてワキの下で確認したところ、付け始めはコーティングされていましたが夕方には完全に消えていました。

おそらくですが、私のように脇汗の量が多いとコーティングが溶け落ちてしまうのではないか?と思いました。

逆に言えば脇汗が軽い人の場合、このコーティング作用がしっかり働き、謳い文句どおり汗を抑えてくれるのかもしれません。

ただ見た目がアレなので夏にノースリーブを着る女性は注意。バンザイしたら脇の下がシワシワ、なんてことになりそう。

使い勝手

なんだか消臭効果以外いいところがありませんが、乾きが早いというのは評価できます。

一般的にロールオンというと手軽に塗れて便利なのですが、スプレータイプにくらべると乾くまである程度の時間がかかるんですよね。

ところがこのBan汗ブロックロールオン、乾くのが尋常じゃなく早いのです。どれくらい早いかというと、

脇に塗って → ジーンズ履いて → 靴下履いて… くらいでもう乾いています。ですから服を着るのに待たされることがありません。

塗るのが簡単なロールオンでこれだけ早いと、忙しい朝でも使いやすいですね。

Ban汗ブロックロールオン・プレミアムラベルの容器やパッケージ

▲強気のキャッチコピーがならぶパッケージ。ゴールドがプレミアム感をかもし出してますね

▲本体容器と単3電池との大きさ比較

▲フタを外して使うロールオンタイプ

Ban汗ブロックロールオン・プレミアムラベルの評価

制汗効果:1.0
消臭効果:3.0
使用感 :1.5

の合計:5.5(ランキング7位)

謳い文句とは裏腹に、制汗効果は期待できませんでした。ただ、脇汗が少ない人なら効果があるかもしれません。

対して消臭効果はなかなかなので、デオドラント商品と割り切って使うのがいいでしょう。

乾きが早い、ロールオンなので塗りやすいなど使い勝手はいいのですが、フィルムを貼ったような見た目になってしまうため使う時期を選びますね。

当サイトのテーマである「緊張による脇汗」、なかでも季節が冬であれば袖のある服を着ているはずなので、冬の緊張汗によるニオイケアならなんとか使えるのではないでしょうか。

ちなみに、性能的には8位のリフレアと同程度に感じましたが、あちらとの差は使い勝手ですね。