脇汗に悩む私が、リフレア・デオドラントクリームを実際に使用してみました。

  • 脇汗を抑えることができるの?
  • 脇のニオイには効くの?
  • 使い勝手はいいの?

これら疑問について、私が体験して感じたことをお話しています。

リフレア・デオドラントクリームの基本情報



商品の特徴やコンセプト
Wの殺菌有効成分でニオイの元となるニオイ菌を徹底殺菌。また、水の中でもなかなか取れない高密着持続処方により、24時間ワキのニオイを抑えます。

基本データ

タイプ クリーム
容量 55g(ジャー) / 25g(チューブ)
発売元 ロート製薬
私の購入価格 973円
私の購入場所 Amazon

全成分

有効成分

ベンザルコニウム塩化物(殺菌成分)、イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分)、クロルヒドロキシアルミニウム(制汗成分)

その他の成分

臭化セチルトリメチルアンモニウム液、シクロペンタシロキサン、ポリアクリル酸アルキル、濃グリセリン、POE・POPジメチコン共重合体、イソステアリン酸ソルビタン、エタノール、メントール、シリル化処理無水ケイ酸、イソノナン酸イソノニル、ラウリン酸ポリグリセリル

リフレア・デオドラントクリームの感想とレビュー

当レビューの注意点
このレビューは、脇汗の量がとても多い私(緊張すると腕や脇腹にまで汗が垂れるほど)が個人的に行なった検証、および個人的な感想・見解になります。すべての人に当てはまるわけではないことをご理解ください。

まずはレビューの結論を先に話します

  • 制汗効果は期待できない
  • 消臭効果はなかなか。脇汗の量が少ない人なら一日いけるかも
  • 使い勝手がとにかく悪い

脇汗を抑える効果

朝の通勤時の脇汗

夕方の帰宅時の脇汗

上の写真は、制汗剤のランキングを決めるさいに行なった、リフレア・デオドラントクリームの検証結果です。

水色のハンカチの濡れている部分、これが私の脇汗で、車の運転によって出た汗をふき取ったものになります(一人で運転すると緊張してかならず脇汗をかくため)。

検証は以下の流れで行ないました。

制汗剤の検証方法
  1. 取扱説明書に従って制汗剤をにつける
  2. 車で通勤して脇汗を出す
  3. 会社に着いたらすぐに左右の脇の下にハンカチを当て、それぞれの汗染みを確認
  4. 仕事が終わったら車で帰宅して脇汗を出す
  5. 家に着いたらすぐに左右の脇の下にハンカチを当て、それぞれの汗染みを確認

もう一度、先ほどの写真を載せます。

朝の通勤時の脇汗

夕方の帰宅時の脇汗

クリームタイプは密着性が高いのでかなり期待して使ったのですが、残念ながら汗を抑える効果はほとんど感じられませんでした

スプレータイプのエイトフォーメン(10位)とエージーデオ24(9位)にくらべると、汗染みの面積が小さく見えるのでやや汗の量が少ないかな?とも思えます。

▲8×4MENスプレーとエージーデオ24スプレーとの脇汗比較

これはやっぱりクリームが肌に密着しているからでしょうか。スプレーの粉末はどうしても汗で流れやすいですからね。

まあそれほど大きな差ではないし、そもそも汗の量を数値化して正確に量っているわけではないので、制汗効果にあまり期待できないのは変わりありませんが。

消臭効果

汗のニオイを抑える消臭効果については、やはり密着性が影響を与えているのか、スプレータイプよりも手ごたえを感じました。

午後になっても汗臭さはあまりなく持続性は高いですね。

さすがに帰宅後はちょっとニオイましたが、これなら日中いっぱいは何とか持ちこたえられそうに感じました。

使用感

エタノールとメントールが入っているからでしょうか、付けた後けっこうな時間にわたって肌がスースーします。ヒリヒリするまではいきませんが、敏感肌の方だと刺激につながるかもしれません。

あと、これもメントールの影響かと思いますが、湿布というかミントのような香りがしますね。まあ、乾いてしまえば気にならなくなりますが、実はこの乾くまでがけっこう問題だったりします。

というのも・・・

使い勝手

このリフレア、たくさん付けてしまうとなかなか乾かず、いつまでもヌルヌルべたべたしています。

取扱説明書には「適量を塗布してください」と書いてあるのですが、使い慣れないうちはこの適量がそもそもわからないんですよね。

多すぎればベタついていつまでも乾かないし、少なすぎだと効果の面で不安がある。特に朝たくさん付けてしまうと、なかなか服が着られません。

これはもう、何回か使いながら自分の適量を探るしかないんでしょうね。

また、クリームという形状のためワキの下に指でぬりこむ必要があるのですが、これがけっこう面倒くさくて…。

というのも、指が汚れるため手を石けんで洗うのですが、なんだかいつまでも指先がキシキシする感じでなかなか取れないんですよ。

裏を返せばそれだけ密着性が高いのかもしれませんが、じゃあ脇の下のクリームはお風呂でしっかり落ちているのだろうかと不安になります。

くわえて爪が伸びていると爪の間にクリームが入ってしまいこれも面倒くさい。

リフレア・デオドラントクリームには今回のレビューで使ったジャータイプだけでなく、チューブタイプもあります。

しかし結局はチューブであろうと、脇の下にぬりこむためには指を使うわけで面倒くささは解消されません。

MEMO

他にもロールオンやバータイプ、ミストタイプなどさまざまなラインナップが用意されているのですが、密着性を求めるならクリームがベストであり、他のものでは効果の面で不安があります。

リフレア・デオドラントクリームのもっとも残念な点、それは「使い勝手の悪さ」です。当サイトランキングで8位となってしまったのは、この使い勝手の悪さが大きいですね。

リフレア・デオドラントクリームの容器やパッケージ

▲パッケージ正面。「わきのニオイにリフレア」というフレーズはお馴染みですね

▲パッケージ側面。やはり制汗よりも消臭目的に重点を置いているのでしょう

▲本体容器と単3電池との大きさ比較。高さはほぼ同じですね

▲クリームの質感。とてもなめらかです

リフレア・デオドラントクリームの評価

制汗効果:1.5
消臭効果:3.0
使用感 :0.5

の合計:5.0(ランキング8位)

制汗よりも消臭目的の製品です。クリームなので密着性が高く、ニオイ対策としてはスプレーよりも優秀だと感じました。

ただただ残念なのは使い勝手の悪さ。正直、忙しい朝にはとても使いづらいです。

スプレーだと頼りなくてちょっと不安、でも時間に余裕はあるよという人なら使ってみてもいいでしょう。