脇汗に悩む私が、レセナ・ドライシールドパウダースティック(無香性)を実際に使用してみました。

  • 脇汗を抑えることができるの?
  • 脇のニオイには効くの?
  • 使い勝手はいいの?

これら疑問について、私が体験して感じたことをお話しています。

レセナ・ドライシールドパウダースティック(無香性)の基本情報



商品の特徴やコンセプト
ニオイの原因となる汗。その汗をかく前に抑える”プレケア”に着目した制汗剤です。よくあるデオドラント製品は、ニオイが発生した後の殺菌や消臭に重点を置いていますが、レセナは汗そのものをブロックすることで汗染みとニオイの両方をケアします。

基本データ

タイプ スティック
容量 20g
発売元 ユニリーバ
私の購入価格 650円
私の購入場所 Amazon

全成分

有効成分

クロルヒドロキシAl(制汗成分)

その他の成分

水添ヒマシ油、ヒマシ油、ジステアリン酸PEG-1、POPブチルエーテル-1、ステアリルアルコール、タルク、BHT、BHA、香料、シルク末、綿実油、アロエ液汁末(2)、シクロペンタシロキサン

レセナ・ドライシールドパウダースティック(無香性)の感想とレビュー

当レビューの注意点
このレビューは、脇汗の量がとても多い私(緊張すると腕や脇腹にまで汗が垂れるほど)が個人的に行なった検証、および個人的な感想・見解になります。すべての人に当てはまるわけではないことをご理解ください。

まずはレビューの結論を先に話します

  • ドラッグストア系のなかではなかなかの制汗効果
  • 消臭効果というよりも香料で汗臭さを隠す感じ
  • コンパクトな容器ゆえの使いづらさ

脇汗を抑える効果

朝の通勤時の脇汗

夕方の帰宅時の脇汗

上の写真は、制汗剤のランキングを決めるさいに行なった、レセナ・ドライシールドパウダースティック(無香性)の検証結果です。

水色のハンカチの濡れている部分、これが私の脇汗で、車の運転によって出た汗をふき取ったものになります(一人で運転すると緊張してかならず脇汗をかくため)。

検証は以下の流れで行ないました。

制汗剤の検証方法
  1. 取扱説明書に従って制汗剤をにつける
  2. 車で通勤して脇汗を出す
  3. 会社に着いたらすぐに左右の脇の下にハンカチを当て、それぞれの汗染みを確認
  4. 仕事が終わったら車で帰宅して脇汗を出す
  5. 家に着いたらすぐに左右の脇の下にハンカチを当て、それぞれの汗染みを確認

もう一度、先ほどの写真を載せます。

朝の通勤時の脇汗

夕方の帰宅時の脇汗

「汗をかく前に抑えるプレケア」ということでかなり期待して使ったのですが、写真のとおり私の脇汗を完全に抑えることはできませんでした

やっぱり大量の脇汗では無理なのでしょうか。。。

ただ、今回の検証後に何度か使って感じたのですが、ドラッグストア系のなかでは汗を抑える効果があるほうだと思います。これはもう体感でわかりました。

実際、夕方の帰宅時の写真を見ると、レセナをつけた右脇は汗染みの面積が少ないんですよ。

夕方の帰宅時の脇汗

また、ランキング6位のデオナチュレ・ソフトストーンWとくらべても、明らかにレセナのほうが汗染みが少ないです。

この後もしばらくレセナを使い脇を触ってみたのですが、手触りでも汗の量が少ないのをハッキリ感じることができました。

私のように脇汗が多いと完全には防げませんが、脇汗の量がそれほど多くない人ならかなり使えるんじゃないでしょうか。

消臭効果

汗のニオイに関しても、夕方まであまり感じなかったのでなかなか優秀だと感じました。

しかしちょっと不思議なことがあります。

レセナドライシールドは、ニオイの元となる汗をブロックするのがウリの制汗剤です。

世にある多くのデオドラント製品は、汗が出てからニオイを何とかする”後手”ケアですが、レセナは汗が出る前段階にアプローチするわけです(これが「プレケア」の由来。プレは「前の」という意味)。

そのためレセナには汗を抑える成分は入っていても、殺菌成分などニオイを抑えるものは入っていません

しかし今回の検証が示したとおり、私は残念ながら脇汗をかいています。ということはレセナを付けた右脇から、思いっきり汗のニオイがするはずなんです。

でも不思議なことに汗臭さはほとんど感じませんでした。消臭成分が入っていないのに、です。

これはいったいどういうことなんでしょうか?

消臭ではなくカモフラージュ

さっきから不思議不思議と言ってますが、何度か使ってみてカラクリがわかりました。

レセナのデオドラント効果は消臭ではなく「カモフラージュ」です。レセナ自体の製品臭が汗のニオイを隠していたんです。

実はこのレセナドライシールド、無香性といいながら「石けんの匂い」のような香料臭がします。この香料のおかげで汗臭さが気にならなかったんですね。

▲「無香性」と書いてあるが…

ただ、デオドラントに香料というとネガティブなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?汗のニオイと混ざって、逆に気持ち悪いニオイになりそう、とか。

これはもう実際に手にしてニオイを嗅いでもらうしかないのですが、使った私の実感で言えばワキガの方だとちょっとつらいかもしれません。

くわえて香りの程度がかなり強く、さりげないどころかハッキリとわかるレベルです。むしろ無香性じゃなくて、「香料のかおり」で売ったほうがいいのでは?と思うくらい。

持続性もあるため、午後になっても首のあたりからふわっと匂ってきて、男の私はちょっと焦りました。

ふだん香水をつける人や柔軟剤にこだわりがある人だと、香りがバッティングしてしまうため注意です。

使用感

スティック部分がやや硬くマットな質感なので、塗ったあとの肌はサラサラです。

これはこれでとてもいいことなのですが、マットな質感ゆえにイマイチちゃんと塗れているのかがわからず、ついグリグリ広範囲に塗りたくなります。

慣れればどうってことないのですが、使いはじめのころはしっかり塗れているのかと不安になりました。

使い勝手

スティックを繰り出すために回転させる部分、ここが小さくて男の指では回しにくく感じました

デオナチュレのようにボディー全体がクルクル回る構造なら、もうちょっと使いやすかったかもしれません。

またレセナスティックには内蓋と外蓋の2つのフタがあるのですが、このうち内蓋の取っ手部分がとても小さく、やはり男の指だとつかみにくいです。

▲内蓋がかぶさっている状態。取っ手部分がつかみにくく開けづらい

まあレセナは女性用なので男の私がアレコレ言ってもしょうがないですけど、これ、女性の指でもつかみにくいんじゃないかなぁ。

レセナ・ドライシールドパウダースティック(無香性)の容器やパッケージ

▲とてもシンプルなパッケージ

▲本体容器と単3電池との大きさ比較

▲2つの蓋を取るとスティック部分が顔を出します

▲マットな質感のスティック

レセナ・ドライシールドパウダースティック(無香性)の評価

制汗効果:3.0
消臭効果:4.0
使用感 :2.0

の合計:9.0(ランキング5位)

ドラッグストア系商品のなかでは、制汗効果が優秀だと思います。ただ、抑えるというよりは”減らす”くらいに考えたほうがいいでしょう。軽い脇汗の人向けですね。

無香性といいながらけっこう主張する製品臭ですが、これは完全に好みが分かれるでしょうね。よく言えば「石けんの香り」、悪く言えば「THE 香料臭」といったところ。個人的にはそれほど嫌いじゃない香りでした(男ですけど、何か?)。

嫌なベタつきがなく、塗ったあとの痒みなどもないため、塩化アルミニウム系だと刺激があって使えないという方は、まずはこのレセナを試してみましょう。